Wechat

シェア:

アームチェア

ジオ・ポンティがカラカスのヴィラ・プランチャート(1953-57)のために心を込めてデザインしたアームチェア。スタジオ・チェッリ&アソシアーティの監督の下でMolteni&Cが収集したジオ・ポンティ・コレクションの一部です。
ポンティが1952年から53年にかけてラテンアメリカを旅行していた期間中に集めたアイディアに基づいて作られました。堅牢なポリウレタンフレーム、ソフトなポリウレタンカウンターフレーム、クッションを持った、貝殻を思わせる心地よいアームチェア。カバーはMolteni&Cテキスタイル。構成している3つのパーツごとに変えることもできます。この「ラブチェア」は2016年に名誉あるウォールペーパー・デザイン賞に輝き、Molteni&Cの代表的な製品のひとつになりました。

Wallpaper Design Awards, 2016

Design Gio Ponti

スペック

“Villa Planchart in Caracas is the result of my experiences, following my travels in Latin America in 1953”

Gio Ponti

Villa Planchart, Caracas Villa Planchart, Caracas

“I dedicated myself heart and soul to designing Villa Planchart, and in it I was at liberty to express my own approach to
architecture, both outside and inside”

Gio Ponti, 1955

Design

Gio Ponti

ジョヴァンニ・“ジオ”・ポンティ(1891年11月18日ミラノ生まれ、1979年9月16日死去)はイタリアの名建築家の一人である。デザイナー、エッセイストとして20世紀で最も重要な人物の一人でもある。個性的な名建築の他に、彼は様々な家具も創作した。代表作は、「ポンティ」スタイルの家具で整えられたミラノの住宅プロジェクト3件である。1925年にランダッチョ通りに建てられた住宅群、1926年にブリン通りに建てられたカサ・ラポルテ、1957年にデッザ通りに建てられた住宅がそれ。

全経歴
Gio Ponti

「[略] 私たちの生活の中で、オブジェクトの大部分は、産業によって生み出され、そしてまた、そこで特性も得ています [略]」

Gio Ponti

Technical drawings 2d (.jpg)

関連製品

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country